高齢者向け優良賃貸住宅制度

ホーム > 高齢者向け優良賃貸住宅制度

「横浜市高齢者向け優良賃貸住宅」は安心経営が可能です!!

「土地活用でマンションを建てたいが、多額の借金をするのが不安」「先行き人口が減少するのに賃貸マンションを建てるのは心配で、」「賃貸マンションなどを建てるには場所が今一つで決断できない」横浜に土地をお持ちで、このようなことをお考えのお客様は是非お読みください。

弊社では15年ほど以前から、横浜市の市営住宅制度(シニアリブイン)等、高齢者を入居者とする土地有効利用を多く手掛けてまいりました。今は市営住宅制度の新規募集はありませんが、その制度に代わるものとして「横浜市高齢者向け優良賃貸住宅制度」(以下「高優賃」と呼びます)を手掛けています。

建築費の一部金額が補助されます

国、横浜市などから工事費の整備費補助金を受けることができます。あくまで設備等の内容によりますが、最大建設工事費の1割程度の補助を受けることができる可能性があります。

高い入居率の理由は家賃補助、高齢者向けのサービス

当制度には次のような特長があるため、高い入居率、結果安心安定のマンション経営ができます。

特長
家賃減額補助

入居者は契約家賃に対して最大4万円の家賃減額補助があります。つまり他の物件に比べ安い家賃で入居できます。

高齢者向けのサービス

バリアフリーはもちろん緊急通報サービスを始め高齢者向けのサービスが入居者に提供されます。

超高齢者社会による需要増

他の年齢層が減少する中、高齢者人口は増加すると見込まれています。これに対し高齢者向けの住宅は高齢者人口のおよそ3%と不足しています。

横浜市住宅供給公社による安心の事業サポート

横浜市住宅供給公社が、募集、管理などトータルで事業をサポートをしてくれます。

エイゼットの役割

横浜市住宅供給公社などが申込受付窓口になりますが、申請書一式(計画の具体的な立案、事業計画、必要な設備・仕様計画、申請書類)の作成などは私たちが調査した上で公社と相談しながら作成します。

当制度は応募したからといって、合格するとは限りません。
募集戸数は年に通常200戸(部屋)ほど(年一度の募集に対し、その都度発表)です。立地や設備、条件などを総合的に点数化し、その評価点数で選ばれます。
私たちは極力合格できるように評価点数を計算しながら計画をたてますが、最も大切なのは事業の収益性を踏まえた「お客さまにとって優良な計画であること」です。
この制度を建築会社が案内する場合もありますが、手続きを独占的におこなうことで、競争もないため工事費が高くなりがちです。弊社は収益性をあげるために、当ホームページで紹介させていただいているノウハウを駆使し、競争原理を活かし、コスト、質をより優れたものにしています。

エイゼットの特長
当制度の内容、またはお持ちの土地での可能性、採算性など事業シミュレーションなどをお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。
エイゼットの高齢者向け住宅例
シャイニング横浜
エイゼットの高齢者向け住宅例「シャイニング横浜」
サザンコート
エイゼットの高齢者向け住宅例「サザンコート」
エトワール大岡
エイゼットの高齢者向け住宅例「エトワール上大岡」
サンヴィラージュ横浜
エイゼットの高齢者向け住宅例「サンヴィラージュ横浜」
サニーコート横浜
エイゼットの高齢者向け住宅例「サニーコート横浜」
  • お問い合わせ・資料請求
  • エイゼット・コンペティションズ 本社 〒221-0834
    神奈川県神奈川区横浜市神奈川区台町11-29
    電話 : 045-313-1190

住宅ローン【フラット35】の住宅金融支援機構

トップへ戻る